スーパーマリオブラザーズ(FC)
【すーぱーまりおぶらざーず】


Googleなどの検索サイトから来た方はトップへどうぞ。→http://honndana.sakura.ne.jp/index.html
各種機能説明はこちらを参考にしてください→http://honndana.sakura.ne.jp/explanation.html
コメント
お名前(省略可)
削除キー(必須)

4040Kbないことで有名だが、当時はロムカセットの容量不足問題から「ファミコンというハードはここが限界」と言われており、任天堂も86年発売のディスクシステムに本格注力する前に「ファミコンでできる限界表現したソフト」という末期ソフトのつもりで作成されたものだったという。(2017/06/19 00:52)
39>36 最終的な統計は、293種類/54台。マリオメーカー関連やピーチのバッジが出た時点で完結はしていた。(シグナ)(2017/05/26 05:57)
38ファミコンミニ第一弾のラインナップ。バーチャルコンソールの配信は、Wiiでは2006年12月2日、3DSでは>21、WiiUでは2013年6月3日から配信されている。
ファミコンミニ版では表面クリア後にハイスコアセーブしてしまうと、電源を切っても表面に戻れず裏面のままになる不具合がある。(シグナ)(2017/05/05 06:49)
37ジャンプの慣性がかなり強く、マリオ3以降から2Dマリオシリーズを始めたプレイヤーにとってはジャンプの制御に苦労するかもしれない。(L-24)(2016/04/20 22:40)
36バッジとれ〜るセンターのバッジの総数は237種類で、台の総数は49台(2015年10月30日の時点)。初回ログインでプレイできる台も含まれる。(2015/10/30 14:21)
3530周年記念のためかGoogleで検索をかけると右側の概要にハテナブロックが出現。クリックすると……(碧の人)(2015/09/15 15:47)
34バッジとれーるセンターでの台の総数は44台。季節限定ものなどがたびたび追加されている。(マニア)(2015/08/31 12:11)
33容量を減らすための涙ぐましい努力がいろいろなところで見られる。例えば、地面に生えている背景の茂みを、カラーパレットを変更させるだけで、雲のように見えるようにしたり、ノコノコに羽を生やせてパタパタと言う別のキャラクターのように見せたりと、グラフィックへの容量削減をこれでもかと工夫を凝らせて用意している。(カニさん)(2015/06/27 22:30)
32E3 2015の出展映像(スーパーマリオメーカーのインタビュー)によると、最初は空を雲で移動するステージも作る予定だったらしい。
雲ではないが空を移動するステージ自体は後にスーパーマリオランドで実現することになる。(2015/06/17 19:07)
31バッジ:ソフトを起動できるバッジはブロック(?ブロック)のデザインの物。(2015/03/21 08:52)
30>>29 はかまマリオ、サンタマリオといった季節バッジもここに入る。
季節限定以外のものは定期的に復活しており、更に汎用性も高いためか、現在バイトが紹介する写真のほとんどにこれのバッジが使用されている(碧の人)(2015/02/19 00:50)
29バッジのカテゴリの一つでもある。ドットのマリオ達のバッジはここにしまわれる。(2015/02/18 09:56)
28ゲーム中のレンガはキノコ一族がクッパの魔力で変えられてしまった姿、キノコ達の魔法を解けるのはピーチ姫だけ、スーパーキノコやファイアフラワーは助けたキノコからもらえるパワーといった設定があるが、3以降の作品では見事にスルーされている。(2014/07/19 23:57)
27マリオとルイージが初めて敵を踏みつけることができるようになった作品で、以降の作品の多くでこの仕様が採用されている。
それに伴い、踏めない敵キャラはいかにも踏めなさそうな姿を持つことが多くなった(そのため、本作以前の敵キャラは今なら普通に踏めそうなのが多く見られる。タルとかカメさんとかナスビ仮面とか)。(うぉまい)(2014/01/20 02:43)
26>>25 一周目クリア時に出てくるメッセージの「WE PRESENT YOU A NEW QUEST.」で助けに来たにも関わらずもう一度冒険に行かせると言う点があり、そこで腹黒認定しているプレイヤーも多数存在します(碧の人)(2014/01/06 14:48)
25>>13 マリオシリーズでピーチが腹黒な印象を感じさせる場面なんて見当たらないと思うんですが(2014/01/06 14:34)
24今ある全てのゲームの始祖的存在でもあるのだが、近年某FUD工作によって周りのゲームが純粋な1コンテンツとしての質が低下し続ける中、これの発生シリーズは今なおしっかり作られているというのは、何の皮肉であろうか……(2013/07/21 18:12)
23空前の大ヒットとなった作品だが当初はあくまでも任天堂の一製品として販売しただけで鳴り物入りのタイトルだったわけではない。宮本氏も「かなりの自信作で100万は行くと思います。ひょっとしたら150万は超えるかもしれません。」などと述べていた。実際の販売台数は600万を超えていた。(2013/07/21 17:36)
22>19-20 とはいえ難易度が高い2やステージが多すぎる3に比べれば、まだ慣れているプレイヤーならワープなしで1時間で8-4まで充分クリアできる量だと思う。そういう意味ではバランスはいい。(2011/12/29 00:13)
212012年1月5日から3DSのVCでも配信開始。価格は500ポイント(碧の人)(2011/12/28 11:44)
20>>19 ワープゾーンがステージセレクトの代わりなのかもしれない(碧の人)(2011/11/17 00:51)
19途中セーブは無いのにステージ数はかなり多い。(ゲドンコボム)(2011/11/16 21:34)
18地上面の茂みのグラフィックは、雲のグラフィックの色を変え、さらに上半分だけを表示させたもの(つまり半分使いまわし?)らしい(宇宙野武士)(2011/11/08 08:14)
17あくまで「スーパー」マリオブラザーズである。前作にマリオブラザーズがあることからであろう。(カニさん)(2010/10/22 11:15)
16今ではこのゲームの挙動はむしろ悪い方だが当時としては非常に良いとなると、これまた凄いと思う。
しかも本質的な次回作である3作目(2作目はマイナーチェンジみたいなもの)に至っては現代でも普通に良い操作性。宮本氏は自分の腕に自惚れずに更なる昇進を考えていたと思われる。(レッド)(2010/07/07 20:07)
15当時のゲームと比べると、非常に操作性が良くなっており、軽快に動くその様子に驚かれたらしい。ダッシュ時の画面のスクロールはとても軽快である。(カニさん)(2010/07/07 19:38)
14初代ではバランスが悪いゲームが多いのだが(任天堂ではポケモンやFE等)、このゲームはバランスが悪いどころがあらゆるステージ設計が巧妙に作られており、非常にバランスが良い。
強いて気になる所を言えばマリオの挙動だが、それを踏まえてもそのバランスのよさが素晴らしい。
宮本氏の凄さを感じる。(レッド)(2010/07/07 00:08)
13昔のゲームにはよくある「舞台は中世の時代で、魔王に攫われたお姫様を助ける」というシナリオだが、
これは今のマリオシリーズにも使われている。
しかし、近代風の場所や道具が登場したり、クッパが萌えキャラ化したり、
ピーチ姫が腹黒な印象を感じさせる場面を見せたりと、マリオシリーズも単純に前途のシナリオのコンセプトが通用しなくなったのかもしれない。(レッド)(2010/06/26 23:54)
12中国等では「超級瑪莉奥兄弟(cha-o ji´ ma∨ li` a`o xio-ng di`)」等の漢字が当てられている。(アクセント付母音が機種依存文字のため、上声は数学記号で代用した。) (Butler.仔猫)(2009/11/29 21:57)
11ステージの音楽もマリオシリーズの代表的な曲ともいえる。 (紗那)
10しかしマリオの初登場作は「ドンキーコング」。マリオをよく知らない人はマリオの初登場作をこれと思っていたりして… (シークレット)
9>>3-4 だったのだが、Wiiスポーツが凄まじい勢いで売れて追い抜いてしまった。海外ではWiiと同梱で売られている事が原因だと思われる(スーマリも廉価版NESに同梱されていたのでこの数字だったのかも) (碧の人)
8国内での売り上げは681万本。一世を風靡し、社会現象と化して空前の大ブームを巻き起こした。 (YUI)
7小ネタはもちろん開発者も想定してなかったと思われる裏技(−1面など)など、このゲームは隅から隅まで研究されている。このあたりもこのゲームの面白さが伝わったからだろうか (武00)
6売れた要因として、当時の主流であったゲームのほとんどが画面固定型のゲームで、戻れないとはいえスクロールするゲームがほとんど無かったこと、背景が黒一色だった当時において明るい青空や雲を表示していたなどが一員とされている。 (カニさん)
5これのCMはすごく地味だったらしい…。あれほどまでに売れると思ってなかったんだろうか? (オバキューム22)
4全世界で4024万本売れていて、ギネスブックにも記録されている (碧の人)
31985年9月13日発売。未だに出荷本数最多記録を破られていないゲーム。ちなみに本作のCMでは最後にチョロっとオマケ程度で「スパルタンX」が紹介されていた。 (うぉまい)
2初代マリオと言われるほどマリオの原点。もはや語るほどでもないほど有名。 (カニさん)
1マリオ兄弟が亀の魔王クッパにさらわれたピーチ姫を助けに行くゲーム。 (あきこ)

コメント番号 削除キー
辞書のトップへ